So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

石川議員らの拘置延長=小沢氏団体事件−東京地裁(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京地裁は25日、衆院議員石川知裕(36)、小沢氏の公設第1秘書大久保隆規(48)、元私設秘書池田光智(32)の3容疑者について、拘置を延長する決定をした。拘置期限は2月4日。 

新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
<糖尿病>中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」(毎日新聞)
普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民(時事通信)
龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)

外国人参政権法案 亀井氏「今国会は提出できない」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は28日、産経新聞社のインタビューで、鳩山由紀夫首相が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の国会提出には与党合意が必要と表明したことを受けて、「国民新党が賛成しないと逆立ちしても法案を出せない。首相は分かっている。今国会に提出できないことは間違いない」と述べた。亀井氏は「帰化要件を緩和すればいい。(参政権を得るには)帰化し(日本国民として)同化していく方法を選ぶべきで、同化しないで権利だけ付与すると民族間の対立を生んでいく危険性がある」と指摘した。

【関連記事】
首相、外国人参政権「簡単ではない」
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す

当選の稲嶺氏「まず市議会で反対決議」 普天間移設現行計画撤回へ(産経新聞)
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響(時事通信)
再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
<人事>最高裁(24日)(毎日新聞)
検察に“圧力”、報道を批判…民主の言動過熱(読売新聞)

<札幌テレビ放送>ひき逃げ事件で別人の顔写真を2回放送(毎日新聞)

 札幌テレビ放送(STV)とキー局の日本テレビは25日の昼のニュース番組で、同日逮捕された北海道美唄市の道道であった死亡ひき逃げ事件の容疑者として、別人の顔写真を誤って放送した。両社は、同日夜と26日昼のニュース番組の中で訂正し、謝罪した。

 STV総務部によると、別人の顔写真は25日の全国と地方のニュースで計2回放送。放送後、容疑者と同じ月形町の視聴者から連絡があり、容疑者として放送した顔写真は、同町内に住む別人と判明した。

 同部は「複数に確認したうえで放送したが、結果的に確認作業が不十分だったと言わざるをえない。関係者と視聴者にご迷惑をおかけしたことをおわびします」と話した。

【関連ニュース】
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき
ひき逃げ:容疑で73歳女逮捕 男児に重傷負わせ 愛知
女性死亡:車体にはね上げ7キロ 容疑の女逮捕 宇都宮
ひき逃げ容疑:米兵を逮捕 沖縄県警

鳩山首相「党代表として結論出す」 小沢氏の参考人招致(産経新聞)
日航と全日空、国際線統合も=3年以内に見極め−前原国交相(時事通信)
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護(時事通信)
大阪・南署に収容の泥酔男、保護室で放火(読売新聞)
<名古屋市>予算案で市民公聴会 子育て、福祉に意見相次ぐ(毎日新聞)

喜多方市長選 山口信也氏が初当選(毎日新聞)

 喜多方市長(福島県)旧熱塩加納村長の山口信也氏(69)が初当選。元県職員の飯野雄太郎氏(58)▽現職の白井英男氏(67)▽前市議の上野正雄氏(65)を破る。投票率は75.28%。

 確定得票数次の通り。

当12502 山口 信也

=無新<1>

  8952 飯野雄太郎

=無新

  6553 白井 英男

=無現(1)

  4214 上野 正雄

=無新

「空間」が売れる!! 短期OK 手軽に利用(産経新聞)
まもなく引退!「500系のぞみ」ラストラン・ツアー登場(産経新聞)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
「10年後の東京」プログラム、364事業 子育て支援、耐震強化…(産経新聞)

自民総裁「説明責任果たしていない」=小沢氏聴取(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長が東京地検特捜部の事情聴取を受けたことについて、野党各党から23日、小沢氏は国会でも説明責任を果たすべきだとの声が相次いだ。
 自民党の谷垣禎一総裁は同夜、都内で記者団に「検察で説明したから、説明責任が果たされたとは思わない。党として証人喚問や参考人招致を含めいろいろな手だてを講じたい」と述べた。小沢氏が幹事長を続投する考えを示したことについては「通常の感覚では理解不能だ」と批判した。
 みんなの党の渡辺喜美代表は「被疑者の聴取ということには驚いた。政治的道義的責任が払しょくされたとは言えないので、国会に来て説明してもらうことが大事だ」と記者団に語った。 

首相動静(1月20日)(時事通信)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件−甲府地裁(時事通信)
<虚偽記載>「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述(毎日新聞)
「身の潔白」早く説明を 首相が小沢氏に望む(産経新聞)
<センター試験>札幌、江別で理科1時間繰り下げ 大雪で(毎日新聞)

赤坂晃容疑者 覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検(毎日新聞)

 千葉地検は19日、解散した人気アイドルグループ「光GENJI」の元メンバーでカラオケバー経営、赤坂晃容疑者(36)を覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴した。起訴状などによると、赤坂被告は昨年12月28日ごろ、東京都内のホテルの一室で覚せい剤を吸引し、使用したとされる。赤坂被告は同法違反(所持)の罪で有罪判決を受け、執行猶予中だった。【神足俊輔】

【関連ニュース】
田原成貴元騎手:大麻所持で有罪 京都地裁判決
大麻所持容疑:「無職少年からもらった」逮捕の中学生供述
覚せい剤:10キロ押収 2容疑者逮捕 警視庁
大麻所持容疑:中2少女ら逮捕・補導 兵庫県警
覚せい剤使用容疑:警部補が認める供述 警視庁

「放火後、窓から逃げた」…千葉大生殺害関与の男(読売新聞)
外務省、ハイチに医療チーム20人派遣(産経新聞)
インフル患者、依然減少=ほとんど新型−感染研(時事通信)
九州・3県で 5市長選告示 宮崎市など(西日本新聞)
小沢氏関係の団体、不明朗な出入り15億円(読売新聞)

意見公募に272件 改訂常用漢字(産経新聞)

 常用漢字(1945字)の見直しを進める文化審議会の漢字小委員会は19日、昨年11〜12月に行った第2次試案に対する意見公募の結果を公表した。総数は272件で、字種の追加希望では「玻(は)」「碍(がい)」「鷹」の3字が多く、試案で追加した「錮(こ)」「毀(き)」の削除を求める意見もあった。

 追加希望が95件で最多の「玻」は、子供の名前に使おうとした親と「常用漢字や人名用漢字にない」として出生届を受理しなかった自治体とが係争中。小委では「人名用漢字の方で対応すべき」との見方が大勢だった。「碍」(86件)は障害者を「障碍者」と表記すべきかどうか小委でも意見が割れた。「鷹」(24件)は東京都三鷹市などが常用漢字入りを求めている。

 文化庁は答申時期を予定の2月から4〜5月に繰り下げて詰めの検討を行い、今秋の内閣告示を目指すとしている。

【関連記事】
「常用漢字表」修正案を了承 新たに「柿」「哺」など
常用漢字表に「賄賂」の「賄」など6字を入れて 法制局が要望
税金の無駄遣い! 中国の漢字改革案に反対意見殺到
「常用漢字」改め「基本漢字」? 文化審漢字小委で議論
淫、呪…どうする? 新常用漢字登用で議論白熱

不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)
政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示−那覇地裁(時事通信)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示 普天間移設反対・容認一騎打ち 市民は冷めている(産経新聞)
<ワカサギ釣り>家族連れらでにぎわう 北海道しのつ湖(毎日新聞)

<原口総務相>メディア報道の「関係者」表現で見解(毎日新聞)

 陸山会の土地購入を巡る事件について、原口一博総務相は19日の閣議後会見で、メディアの報道表現について「(一般論として)『関係者(によると)』という報道は、検察、被疑者どちらの関係者か分からない」と指摘。「少なくともそこを明確にしなければ、電波という公共のものを使ってやるにしては不適だ」との見解を示した。

 会見では、情報源を「関係者」として金の流れなどの報道が行われていることについて、原口総務相に見解を求める質問があった。原口総務相は「個別の案件については答えない」と前置きしながらも「(事実かどうか)争いのあるところでは、その発信源について、被疑者が逮捕されて検察側と弁護側の二つしかあり得ない場合は、どちらかを明らかにする姿勢は大事だ」と述べた。

 放送ジャーナリズムに詳しい松田浩・元立命館大教授は「情報源を秘匿するか、明らかにするかは本来、ジャーナリズムが主体的に判断してその責任を負うものだ。公権力の行使を監視する役割が期待されている放送局に対して、監督権限のある総務相は一般の国会議員とは異なり、取材方法や報道内容についての発言はより慎重でなければならない」と話し、原口総務相の発言を批判した。【臺宏士、望月麻紀】

<転落死>9階手すりで度胸試し 高1男子足踏み外す 那覇(毎日新聞)
過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示−那覇地裁(時事通信)
子ども手当支給で内閣支持回復…民主・山岡氏(読売新聞)
システム開発会社元会長、粉飾の疑いで立件へ(読売新聞)

「党内一枚岩だから」小沢氏問題批判なし…首相(読売新聞)

 鳩山首相は18日夜、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、党内から表だった批判が出ていないことについて「私どもは小沢幹事長を信頼している。その信頼の中で一枚岩になっている。だから、こういう状況の中でも冷静に対処しようじゃないか、真実をしっかり見つけようじゃないかという気持ちになっている。それに尽きる」と記者団に語った。

 その上で「必要に応じて小沢幹事長ご自身が判断して説明することを望む。今もその思いだ」と述べた。

<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)
主婦が好きなワイドショー司会者は? 宮根誠司がダントツ(産経新聞)
大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円? (J-CASTニュース)
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言−法相懇談会(時事通信)
白川郷の合掌家屋、初の耐震調査へ(読売新聞)

直木賞 白石一文さん親子で受賞 父は8回目の候補で(毎日新聞)

 第142回芥川・直木賞は14日、直木賞が佐々木譲さん(59)の「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)に決まった。

【白石一文さん】過去の著作紹介、書評、インタビューなど>

 白石一文さんは1987年に直木賞を受賞した白石一郎さん(1931〜2004)の長男。海洋歴史小説の第一人者として知られた一郎さんだが、直木賞には苦労し、8回目の候補で受賞した。

 候補になるのは2回目の一文さんは「(親子で合計すると)我が家では10回目。賞にたたられているような思いです(笑い)。早くおさらばしたいという気持ちでした」。

 小説を書き始めたのも、大学1年の時に父親の小説を批評し、「だったらおまえが書いてみろ」と言われたのがきっかけだった。父にもらった万年筆で執筆し、出来上がった幻想的な作品を見せると、「(こんなものが書けるのなら)もう就職しなくていい」と絶賛された。一文さんは「小説家になれるかなと思ったのが運のツキでした」と振り返る。【重里徹也】

 【略歴】白石一文(しらいし・かずふみ) 福岡市生まれ。早稲田大政治経済学部卒。文芸春秋に入社し「週刊文春」「文学界」などで編集者として勤務。03年退社し、文筆活動に入る。09年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞。東京都中央区在住。

【関連ニュース】
【候補作全リストをみる】芥川賞候補に大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏
<書評を読む>どんなストーリーか…「ほかならぬ人へ」白石一文・著
<関連写真>久々に芥川賞「該当作品なし」の張り紙
<2年前は女性が独占>直木賞・芥川賞:桜庭一樹さんと川上未映子さん

<阪神大震災>犠牲者追悼式に鳩山首相が出席へ(毎日新聞)
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け−消費者庁(時事通信)
所得税法違反容疑 「借りたカネは返すな!」の社長ら逮捕(毎日新聞)
元理研研究員らに有罪=背任事件−東京地裁(時事通信)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。