So-net無料ブログ作成
検索選択

厳戒「神戸ビーフ」守れ 但馬牛の種牛を分散移動(産経新聞)

 宮崎県で発生している口蹄(こうてい)疫の感染が収まらないことを受け、「神戸ビーフ」の産地、兵庫県では厳戒態勢が続いている。素牛ともなる「但馬(たじま)牛」を感染から守るため、県は26日午後から種牛を、県立農林水産技術センターの畜産センター(加西市)と北部技術センター(朝来市)間で相互移動する作業を始めた。兵庫ではこれまでに感染は確認されていないが、「県内への感染は、そのままブランドの消滅の危機になる」と畜産関係者は神経をとがらせている。

 ■秀吉の時代から続く伝統牛…九州から「買いたい」相次ぐ

 畜産センターで管理している種牛の中でも基幹の雄種牛全12頭のうち3頭を北部センターに移動。北部センターからは基幹牛に次ぐ待機牛3頭を畜産センターへそれぞれ相互移動させる。一方が感染しても、もう一方が生き残るよう、リスク分散する。

 畜産センターによると、県内で毎年生まれる雄牛約6千頭の中から16頭を選抜。この牛から凍結精子をつくり、雌牛との受精に使用する。種雄牛になる子牛は県内全体でも数十頭しかいない。

 種雄牛が上質な肉とおいしさを保証するが、万一、口蹄疫の感染が確認されれば、宮崎のように殺処分は、種雄牛や将来を担う待機牛にも及ぶ。畜産センター研究主幹、野田昌伸さん(54)は「種雄牛が絶えれば、ブランドを引き継ぐ牛がいなくなり、ブランドが消滅することになる」と話す。

 一方、産地の一つ、淡路島にある「淡路家畜市場」(淡路市)には、宮崎県と隣接している熊本県や鹿児島県の畜産業者から「牛を買いたい」との問い合わせが5件入ったが、市場関係者は「(九州から)業者が来ること自体、県内への感染拡大につながる恐れもあるので断った」と話す。

 同市場は問題が表面化した直後から、牛を運搬するトラックへの消毒作業を開始。淡路畜産農業協同組合連合会の山口誠治さん(52)は「政府の対応は遅すぎる。自分たちで、できる限りの対応をしなければ、とんでもないことになる」と心配する。

 畜産業者らも“自衛”に懸命だ。黒田庄和牛(西脇市)の生産農家でつくる「黒田庄和牛同志会」は、会員17戸全体で部外者の立ち入りを禁止し、徹底した消毒を続ける。山崎寿一会長(59)は「太閤秀吉の時代から続く歴史ある但馬牛。感染を絶対に阻止したい」という。

【関連記事】
和歌山県が口蹄疫対策本格化 薬剤無償配布や防疫マップ作製
種豚移動し分散管理 愛媛「甘とろ豚」 まず大洲に2頭
口蹄疫 今井美樹さんが義援金500万円 宮崎県出身
口蹄疫 神鹿は野生、隔離できず見回るしか…奈良県苦悩
口蹄疫 宮崎牛含む物産展を開催 高島屋、地元産品を応援
虐待が子供に与える「傷」とは?

辻元・国交副大臣、涙ぬぐい「さみしいしつらい」(読売新聞)
融資保証金詐取容疑で3人逮捕=チラシ20万枚配布―警視庁(時事通信)
<日韓首脳会談>鳩山首相「協力惜しまない」と韓国を支持(毎日新聞)
<転落>マンション9階から9歳男児、重傷 東京・足立(毎日新聞)
連立維持へ社民説得=鳩山首相(時事通信)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

無抵抗主義


8万もらってOKしたら、ソッコーで全裸にされたぞ!!
そのままベッドに寝かされて、全身ペロペロの舐め地獄!!!!
最後、手 コ キされて噴水みたいにザ~メソ発射しちまったよ(笑)

こんなんしてたらマジでMに開花しちゃいそうだぜ(*´Д`)ハァハァ
http://Kasira-d.net/vvv/92r4mmh/
by 無抵抗主義 (2010-06-05 01:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。