So-net無料ブログ作成
検索選択

直木賞 白石一文さん親子で受賞 父は8回目の候補で(毎日新聞)

 第142回芥川・直木賞は14日、直木賞が佐々木譲さん(59)の「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)に決まった。

【白石一文さん】過去の著作紹介、書評、インタビューなど>

 白石一文さんは1987年に直木賞を受賞した白石一郎さん(1931〜2004)の長男。海洋歴史小説の第一人者として知られた一郎さんだが、直木賞には苦労し、8回目の候補で受賞した。

 候補になるのは2回目の一文さんは「(親子で合計すると)我が家では10回目。賞にたたられているような思いです(笑い)。早くおさらばしたいという気持ちでした」。

 小説を書き始めたのも、大学1年の時に父親の小説を批評し、「だったらおまえが書いてみろ」と言われたのがきっかけだった。父にもらった万年筆で執筆し、出来上がった幻想的な作品を見せると、「(こんなものが書けるのなら)もう就職しなくていい」と絶賛された。一文さんは「小説家になれるかなと思ったのが運のツキでした」と振り返る。【重里徹也】

 【略歴】白石一文(しらいし・かずふみ) 福岡市生まれ。早稲田大政治経済学部卒。文芸春秋に入社し「週刊文春」「文学界」などで編集者として勤務。03年退社し、文筆活動に入る。09年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞。東京都中央区在住。

【関連ニュース
【候補作全リストをみる】芥川賞候補に大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏
<書評を読む>どんなストーリーか…「ほかならぬ人へ」白石一文・著
<関連写真>久々に芥川賞「該当作品なし」の張り紙
<2年前は女性が独占>直木賞・芥川賞:桜庭一樹さんと川上未映子さん

<阪神大震災>犠牲者追悼式に鳩山首相が出席へ(毎日新聞)
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け−消費者庁(時事通信)
所得税法違反容疑 「借りたカネは返すな!」の社長ら逮捕(毎日新聞)
元理研研究員らに有罪=背任事件−東京地裁(時事通信)
<岩津天満宮>受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。